忙しいからこそ暇が嬉しくて

でもその忙しいことを一生懸命やっていればこそその暇を充実させることができるのであるから

わたしはまだまだ頑張れていないのだ

と思う

暇になっても

心のどこかで常に焦燥感に駆られて、特に落ち着けるわけもなく

そのまま1日が終わり

あぁ、無駄に過ごしてしまったと

心が痛いくらいに感じる

1日がもっと長ければいいのに

そうして一日にもてる自分の時間が増えればいい

焦れば焦るほど選択を間違え後悔をする

その結果が今である

焦る必要も急ぐ必要もなかったのだ
何をするにも自分のペースでよかったはずなのだ

そうすればきっと

後悔することはなかっただろうと思う

小さな事かもしれないけど

私にとっては非常に思考を邪魔する大きな問題である。

もしまだ時間があるなら

今度こそ自分の思うようにできたらいいと

そう思う。

f:id:EspoiR8:20170725110120j:image

 




                                __FiN__

気怠



ひたすらに気怠い

バイト先が大変

理不尽だったり

詳しくない職種になったせいで知らない世界に迷い込んでしまったって感じ

なんとなくやテキトーに働く場所を決めてはいけない


最近はとても実感しています。





                               …FiN…

ぶちまけたい

 

昨日は食べ放題に行った

 

とにかくたくさん食べた1日

 

今日は朝から胃もたれ

 

このモヤモヤ感とともに全てをぶちまけられたら

 

一体どれだけ楽になれるのだろうか

 

 

                            …FiN…

拭えない不安

 

周りの目が気になってしまうのはそういう年頃だからとも思う。
大人になれば周りが気にならなくなるしどうでもよくなるという話を耳にしたことがある。
そうだといいのだが…

しかし人間そう簡単に変わることも変えることもとても難しい。
未だにお化け屋敷や幽霊など、非科学的なものまでも信じ、怖がっている私は本当に人間が変わることは難しいと実感しているから。

なんでも信じてしまうのは悪い癖だとも思う。

朝の占いも、生年月日占いも、心理学テストも、幽霊も、運命も、奇跡も…

 

だけど人の悪い噂をそのまま信じることはないんですよ。そこはなんだか安心した。

しかし考えてみるとそれほど興味のない人間や自分以外の他人のことならばそりゃ当たり前に信じることもないというのもまた事実。

友人関係も新しく築こうと努力は特にしていない

できる限り自分に有益になる人物といたい

 

そんなことを言える立場でもなければそんな人間でもない

 

とにかく自分に自信が持てない

たまに湧いてくる変な自信があるけど

あくまで一時的なものであり、その時の状況が私に勇気をくれる。

つまり何もなければ何もしない人間なのです。

何かしなくてはならない時は動けるのに。

 

いつか、どんな時にも自分に自信を持てるようになりたい。

 

 

                                                …FiN… 

First bloG

 

今日から日記代わりのブログをはじめようと思いはじめてみました

 

需要も何もないけど

 

それがブログであると信じて

 

思ったことがあればここに残そうと思います

 

軽く未来の自分への手紙のような感覚で

 

そうすることで

自分のカタチが見えてくるんじゃないかと思って

 

 

 

 

                                                       …FiN…